熱衝撃試験機

Thermal Shock ETS-210-10S / ETS-310-10S

5G通信用デバイス、半導体、チップ、センサー、マイクロエレクトロニクスなど幅広い分野にて使用。最短時間内に冷熱衝撃をかけたテストサンプルの化学的・物理的・時間変化を確認でき、研究開発及び生産効率の向上に最適です。

特長

  • 高速 +85℃~-40℃ 13秒
  • 省エネ 220v±10、50/60Hz,16amp,1Phase (20ampより、約省エネ20%)
  • 超低騒音 55dB(A)

仕様

仕様

ETS-210-10S

ETS-310-10S

ETS-410-10S

設備サイズ/mm

W  500
H  1200
D  890

W  600
H  1200
D  890

W  600
H  1200
D  890

温度範囲

-55℃~+180℃

-65℃~+200℃

-80℃~+220℃

温度トランジション(DUTなし)

-40℃→+85℃;+85℃→-40℃ 10S 

制御精度

±1.0℃

温度設定と表示精度

≤0.1℃

安定性

≤0.5℃

温度オーバーシュート制御

≤1.0℃

温度制御方式

吹き出しエア温度とDUT温度制御を切り替え可能

操作方法

プログラムとマニュアル設定 

通信インターフェース

LAN  RS232/485  (オプション:GBIP)

供給エア圧

90Psi~110Psi(20℃~28℃)

供給エアの流量

700L/min(25scfm)

供給エア露点温度

≤10℃

電  源

AC220V/380V ±10%,1PH /3PH,50/60HZ