簡易点検と法定点検

ご存知ですか?

フロン抑制法施行により、管理者(使用者)に対し「冷凍機、および空調機の点検を行い管理する義務」が課せられました。
具体的には、
・冷媒ガスが漏れた際の報告義務
・3か月に1度の簡易点検
・年に1度の法定点検
の3点です。

「簡易点検」と「法定点検」について

簡易定期点検

・ガス圧の減少
・油にじみ、油漏れ
・冷却温度の上昇
・機器内部のパーツ類の腐食の有無

法定点検について

・稼働中のデータチェックシートなどで日常値とずれていないか確認し、漏れの有無を診断。
*機器管理に係る有資格者(社内、社外を問わず)が実施すること。

点検法
  • 発泡液法、漏えい検知器を用いた方法など。

発泡液法

漏えい検知器を用いた方法

点検後の対応
  • 点検等の記録について
    • 適切な危機管理を行う為に、業務用冷凍空調機器の管理者は、機器の点検や修理・冷媒充填・回収の履歴を記録、保存する。
    • 該当記録は、上記の記録事項を満たすものであれば、保存形式を含め様式は問わず、機器ごとに点検記録簿として、作成、保存しその保存方法は紙、または電磁的記録により、当該機器を廃棄するまで保存する。
  • 漏えい報告
    • 一定以上の漏えいを生じた場合、管理する機器からのフロン類の漏えい量を国に対して報告すること。

真空装置用冷凍機の無料簡易点検をいたします

3か月に1度の「簡易点検」を、1企業様につき1回限り、無料で承っております。
冷凍機専門の技術者による点検の機会をぜひご利用ください。

※無料簡易点検は1企業様1回限りとさせていただきます。
※交通費は別途、実費にてお支払い願います。